太陽光発電設置後に行うメンテナンスの需要や内容について

リフォーム会社や専門業者に依頼をして一戸建てに太陽光発電を取り付けることが可能であり、その後は自動的に補給される流れとなります。

しかし数年に1回のペースでメンテナンスが必要となっており、その需要については次の通りとなっています。
太陽光で失敗しないためにはこの点に気をつけることが必要です。

厳密にいうと、メンテナンスをしなくても一定量以上の太陽光を補給または充電することは可能となります。ですが数年ほど屋根に取り付けておくと、どうしても太陽光パネルが汚れてしまうことが多くなっています。

主にホコリや砂が屋根に蓄積されたり鳥のフンが落ちることもあるので、それによってエネルギーの補給率が低下することがあります。屋根やパネルを掃除するに至って、水道水を使うとカルキという成分が後に浮き出てかえって見栄えを悪くすることがあります。

また専門知識がない方が屋根に上るという行為については、非常に危険性が高いため注意が必要となります。

こういった汚れたパネルを放置しておくことによって、年間で1割ほどの発電効率が下がってしまうことがあります。そのためプロまたは専門知識を持った作業員やスタッフに依頼をすることで、効率良くパネルを綺麗に掃除することが出来ます。

専門業者に依頼をすることによって、1回のメンテナンスにかかる費用は無料となっている会社もあれば有料となっているケースもあります。有料となっている場合においては、1回辺り大体数万円ほどの費用が発生することが多いです。

その際にパネルなどの修理が必要になった時には、プラスして10万円ほどの追加費用が発生することになります。なので総合的に太陽光発電メンテナンスにかかる費用として、10万円から20万円前後と認識しておけば問題ないです。

またメンテナンス費用の見積もりを取ることも可能であり、パソコンを使用して調べることが出来ます。使い方については自動車買取と共通していることが多く、太陽光パネルの大きなやサイズなどを入力するだけで大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です