太陽光発電のメーカー保証や補償

これから太陽光保険の導入を検討しているという人は、必要な費用を用意すると言うことが大切ですが、このほかに必要に応じて保険をかけることを考えるようにしなければいけません。

太陽光発電は基本的に屋外に設置する設備となっています。したがって常に風雨にさらされた状態となっています。

あられや落雷や台風などによる暴風や盗難、このほかには水害や火災や飛来物などの被害にあう可能性が高くなっています。住宅用の太陽光発電の場合には、基本的に自分の家の屋根に設置するようになっているので、常に目が届くところにあります。

したがって盗難や水害などの可能性は低くなっています。

しかし10kW以上の設備で産業用のものの場合、夜間は無人になる工場や倉庫などの屋根に設置していることが多くなっています。

したがって住宅用よりもたくさんのリスクを抱えていると言うことになります。

産業用の太陽光を設置する際に高額なローンを組んでいるという人も少なくありません。

このような人にとっては自然災害などによって発電量が低下することや突然システムが故障してしまうなどは非常に大きな問題となってしまいます。

したがってこのようなリスクに対してしっかりとした備えをしておくことが大切になります。そこで考えなければいけないのがメーカー保証や補償の範囲に関してです。太陽光発電はメーカーによってさまざまな保証が付くようになっています。

保証とはどのような内容となっているのかというと、出力保証や発電保証のようにこの設備が本来持っている能力が一定水準以上維持することを、メーカーが約束するものとなっています。

これに対して補償ですが、自然災害などのトラブルが発生して損害を受けたときに、その機能を修復することをメーカーが約束するものとなっています。全てのメーカーが出力保証や発電保証を設けています。

その期間は最低でも10年間となっています。この期間は太陽光パネルが発電することを無料で約束しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です