太陽光発電の普及率がトップの都道府県は佐賀県

太陽光発電を導入する家庭が多くなっています。

これは自然エネルギーを利用して電気を生み出すことができるというメリットの他に、節電効果というのも大きなメリットとなっています。

そこで気になるのが太陽光発電の普及率ということになります。

平成23年度で見たときに全国平均は全世帯の約3.6パーセントとなっています。またこの中でも一番普及している都道府県となっているのが佐賀県で、その普及率は約7パーセントとなっています。

これは全国平均の倍近い値となっています。数字だけを見てみると少ないと感じる人が多くなっていますが、平成20年度は約1.1パーセントとなっています。

3年間で3倍以上の普及率が上がっていると言うことがわかります。産業用の太陽光発電は少し前からありましたが、最近では家庭用のシステムの普及が大きくなっています。今後もその数は多くなっていくことが予想されます。

なぜこのように導入する人が多くなったのかというと、それはメリットがたくさんあるというのが理由にあります。固定買取制度によって経済的なメリットが生まれたことが背景にあります。

このほかにはシステムの単価が下がったと言うことも考えられます。

初期費用が少なくなた事による経済的メリットと、固定買取制度による経済的なメリットの2つの経済メリットが普及につながったことがわかります。

設置するだけで儲かると言うことになれば設置しようと検討する人が増えるのも納得します。またこのシステムは二酸化炭素を出さずに電気を作り出すことができます。したがって環境に優しいと言うことがわかります。

一度設置してしまえばその後は全く二酸化炭素を発生させることがなく、環境に易しい仕組みとなっています。このほかに屋根にパネルを設置すると言うことで遮熱効果を期待することができます。

屋根の表面温度が設置していない家と比べると10度近くも下がることがわかっています。したがって家全体の温度が上がりにくくなり最終的に冷房の節約につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です