太陽光発電メリット、デメリット

東日本大震災で原発が停止してから、太陽光発電が話題になりました。太陽光発電のパネルを自宅の屋根にあげたり空き地にパネルを並べて発電する人が増えました。

太陽光発電が増えた理由は簡単に儲かるからで、銀行からお金を借りて空き地などに大量の太陽光パネルを並べる、メガソーラー発電を行っている企業を増えてきています。

こうして発電した電気は電力会社に20年間、固定価格で買取ってもらうことができます。

固定価格で買い取ってもらえますので、おおよその発電量が分かると資金計画が立てやすいというメリットがあります。

しかしこの制度には問題もあります。電力会社に販売する売電価格が大変高価であるという点です。

通常電力会社は電力を仕入れて顧客に販売するわけですので、電力料金よりも割安である必要がありますが、売電価格の方が高いといういびつな構造になっています。

この差額は電力料金に加算されていますので、消費者が支払っているということになります。太陽光発電の量が少なかったときには問題ありませんでしたが、太陽光発電がどんどん普及した今、これが問題になっています。

こうした固定買取制度はドイツなどさまざまな国でも行われていますが、どいつでも日本と同じように太陽光発電が増えすぎてしまったので、電力料金が上がってしまい問題になりました。

日本でもこれに当て込んで、様々な企業が参入してきて、メガソーラーを建設して問題になっています。このため今、日本では太陽光発電を今後増やさないように政策転換を行っています。

電力は大規模な発電をした方が最も効率的に発電できますので、火力発電所や原子力発電の方が省エネで環境にも優しいといわれています。

また太陽光発電は発電が不安定というデメリットがあります。昼は発電できますが、夜は発電ができませんし、天候にも左右されますので、電力会社はこうした太陽光で発電された電力をほとんどあてにできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です