太陽光発電利用についてかかる税金についての説明

太陽光発電を導入することによって太陽エネルギーを補給出来るようになり、自然災害時などにおいて活用することが可能です。

そこで税金との関係について説明をしていくと、具体的な内容については次の内容となっていきます。

実は太陽光発電を設置することによって、固定資産税という税金が発生することがあります。税金となると多くのお金がかかると認識する方がいますが、太陽光発電のケースにおいては年間で5千円から1万円前後の出費となります。

そのため特別大きな出費になるわけではなく、家計においても大きな負担がかかることはないです。また固定資産税がかかるケースについては、主に屋根にパネルを設置した場合に該当することが多くなっています。

そして2つめに所得税がかかるケースがありますが、これについては売電制度が大きく関係しています。売電制度とは、余った太陽エネルギーを電力会社に買い取ってもらうという内容となっています。

法律ではこうして得た利益を雑所得と認識されており、20万円以上超えると所得税が発生することになります。

こうした税金が発生した場合においては、1年ごとに確定申告を行う必要があります。

確定申告とは税務署で行うことが可能であり、20万円以上の雑所得がある場合に申請をすることが不可欠です。具体的な金額については触れませんが、確定申告を行わないと後に税務署から呼び出しを受けることがあります。

確定申告の方法については、税務署で質問をすることで丁寧に教えてくれるので心配することはないです。また年間で20万円以上の利益があった場合にのみ、税務署で確定申告を行う必要があります。逆に年間の利益が20万円未満であった時には、法律上雑所得としてみなされない決まりになっています。

なのでその場合においては、税務署で確定申告をする必要がないということになります。よって20万円未満というケースについては、太陽光発電を利用していても税金が発生することはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です